Skip to content

はじめに

執筆者のご紹介

image

jiyuujin (Yuma Kitamura)

Web の改善を進めている Web デベロッパです。

詳しくは

プロフィールサイト並びに技術ブログをご確認いただければ幸いです。

Node.js 環境構築

Node.js バージョン管理ツールを比較してみる。

NamemacOSWindowsSupport
nodist-.node-version
engine.node in package.json
fnm.node-version
.nvmrc
n-.n-node-version
.node-version
.nvmrc
engine.node in package.json
nave.naverc
nodebrew--
nodenv-.node-version
nvm-.nvmrc
nvm-wind-ows--
nvs.node-version
nvmrc
voltavolta.node in package.json

nodenv を使って Node.js バージョンを管理する

Node.js バージョン管理のため nodenv をインストールする。

bash
git clone https://github.com/nodenv/nodenv.git ~/.nodenv
git clone https://github.com/nodenv/node-build.git $(nodenv root)/plugins/node-build
cd ~/.nodenv && src/configure && make -C src

PATH を設定するため Vim に入る。

bash
sudo vi ~/.zshrc

下記コードを .zshrc へ入力する。

bash
# ~/.zshrc
export PATH="$HOME/.nodenv/bin:$PATH" >> ~/.zshrc

eval "$(nodenv init -)" >> ~/.zshrc

[ESC]+[:wq]を押して Vim を終了した後、保存も忘れずにやっておく。

bash
source ~/.zshrc

適宜バージョンを選択してインストールする、この際ターミナルのセッションを一度切ってから進めると進めやすそうです。

bash
nodenv install -l
nodenv install 14.17.0
nodenv global 14.17.0
nodenv rehash
node -v

プライバシーポリシー

学習機会の場として Hack React をご利用いただき誠にありがとうございます。 Hack React はお客様のプライバシーを尊重しており、お客様のデータの収集・利用及び共有方法をお客様にご理解いただきたいと考えております。本プライバシーポリシーは nekohack 社 (以下「当社」) においてお客様のデータを収集することは一切ありません。

当社が別のポリシーにリンクするか又は別段の定めをしない限り、本プライバシーポリシーはお客様が Hack React のウェブサイト (以下「本サービス」) を利用する場合に適用されます。本サービスを利用することによりお客様は本プライバシーポリシーの条件に同意したこととなります。本プライバシーポリシー並びに本サービスのご利用について定めるその他の合意条件に同意いただけない場合は、本サービスのご利用をお控えください。

2021 年 7 月 23 日策定。

行動規範

Code Of Conduct